レクサスからラグジュアリーヨットが登場 2019年後半に初披露予定

2018年9月10日 21:32

小

中

大

印刷

LY650。(画像:トヨタ自動車発表資料より)

LY650。(画像:トヨタ自動車発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 トヨタ自動車は、LEXUS(レクサス)ブランドからラグジュアリーヨット「LY650」を発表した。同ブランドからヨットが発表されるのは初めてのことである。2019年後半に世界初披露を予定しているとのこと。

【こちらも】レクサス、マイナーチェンジの「RC」を世界初公開

 LY650は、クルマだけに留まらない、顧客に驚きと感動を提供するLEXUSからの新たな提案の1つとして登場することになる。

 元々の原型は、2017年1月に発表されて好評を博したコンセプトヨット「LEXUS Sport Yacht Concept」だ。その流れを汲み、またこれまで自動車で表現されてきたLEXUSのデザインフィロソフィーを、65フィートヨットという新たな形で具現化したものがLY650である。

 船首から船尾に至るまで立体的なフォルムと優美な曲線の美しさを追求し、またクーペのようなルーフラインや、リヤの豊かでボリュームのある躍動感に満ちたスタイルが、LEXUSのデザインコンセプトを継承している。全長19.96m、全幅5.72m。3部屋の客室を備え、6名までベッド対応。最大人数は15人となっている。

 トヨタ自動車の友山茂樹副社長はLY650について、「夢のような時間を提供し、お客様のライフスタイルを広げたいとの思いで開発してきた」とコメントしている。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワードトヨタ自動車レクサス(LEXUS)

広告

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース