ジル・サンダー×映画監督ヴィム・ヴェンダース、男女が"タイムループ"する18秋冬ムービー

2018年9月8日 12:20

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ジル・サンダー(JIL SANDER)が、映画監督ヴィム・ヴェンダースとコラボレーションした、2018年秋冬コレクションのシーズンムービー「TimePassing」を発表。

 ルーシー&ルーク・メイヤー夫妻による初めてのジル・サンダー秋冬。

 そのシーズンムービーを手掛けるのは、2018年春夏コレクションキャンペーンビジュアルに引き続き、『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』や『アランフエスの麗しき日々』などを世に送り出してきた巨匠ヴィム・ヴェンダースだ。また今回は、彼の妻であるドナータ・ヴェンダースも制作に関わっている。

 3分間のショートフィルムとして完成したシーズンムービー「TimePassing」では、キャストたちが時間を行ったり来たり"タイムループ"するシナリオが展開される。2018年秋冬コレクションのキールックを纏った登場人物たちは、どこか非現実的なロケーションの中で、朝食を作ったり、身支度をしたり...とそれぞれの日常を過ごしている。

 同じ日常を繰り返しているだけのように見える人物たちだが、身に纏うピースは、彼らの感情を反映するかのように次々と変化していく。やがて、いままで交じり合うことの無かった2人が出会い...そこに何が生まれるのか?鑑賞者の想像力を掻き立て、物語に引き込む、印象的な仕上がりとなっている。

 なお、このシーズンムービーは、2018年9月10日(月)から9月17日(月)まで、東京・表参道駅構内で放映される。

【問い合わせ先】
オンワードグローバルファッション 
TEL:0120-919-256

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーションジル・サンダー(JIL SANDER)2018年春夏コレクション2018年秋冬コレクション

関連記事