福島第一原発の作業員ががんで死亡、被ばくによる労災と認定

2018年9月7日 20:54

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 福島第1原子力発電所の事故後に現場で作業を行ない、その後肺がんを発症して死亡した50代の男性作業員について労災が認められた(NHK)。男性の合計被ばく線量はおよそ195ミリシーベルトとされ、これによってガンを発症したという判断。

 過去には白血病を発症した作業員に対する労災認定が出ている。

 スラドのコメントを読む | 日本 | 医療 | 原子力

 関連ストーリー:
早野龍五教授曰く、「福島に生まれたことを後悔する必要はどこにもない」 2017年01月12日
白血病を発症した元福島第一原発作業員に労災認定 2015年10月22日
原発事故関連の作業でがんが発症したとして東電が提訴される 2015年09月03日
福島第一原発事故被災者、長期におよぶ精神的な健康被害が懸念される 2013年01月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード原子力発電所福島第一原発がん

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース