【中国の視点】越境EC、世界貿易構造を変化させる

2018年9月5日 12:41

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*12:41JST 【中国の視点】越境EC、世界貿易構造を変化させる
国を超える電子商取引(越境EC)市場がじりじりと拡大している。中国政府による政策のサポートに加え、アリババなどインターネット通販大手の参入もあり、越境ECの市場システムは年々進化している。

最近の傾向では、中小企業や個人による参加が目立っており、これが世界貿易構造を変化させていると指摘されている。海外の商品を購入する目的で越境ECを利用する個人が増えているほか、投入資金が少ないという点から中小企業も参入しやすくなっている。また、これが中国製品の海外販売の重要ルートにもなっている。

専門家は、中国の越境ECについて、中国の貿易だけでなく、世界の貿易構造にも大きな影響を与えていると指摘。越境ECの拡大スピードが速いため、海外の商社なども注目している。

中国の税関が発表したデータによると、2017年の越境ECの通関額は902億4000万元(約1兆4709億円)となり、前年比で80.6%増加したという。また、直近3年の平均増加率も50%以上になっているとも報告されている。

なお、中国政府は越境ECの発展を促進するため、減税や為替政策、検疫など一連の支援策を2013-17年の間に相次いで発表していた。《AN》

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース