乃木坂46「真夏の全国ツアー」の悲喜こもごも

2018年9月4日 17:23

小

中

大

印刷

 9月2日の仙台公演をもって、今年の夏の全国ツアーファイナルを迎えた乃木坂46。

【こちらも】元乃木坂・市來アナ、日テレ『行列のできる法律相談所』アシスタントに

 毎年恒例の夏ツアーだが、今回はすべての会場がスタジアムクラスになり、今まで以上の集客を見せ、内容的にも盛り上がった。中でも、メンバーがプロデュースした「ジコチュー企画」では、普段はなかなかみられないメンバーによる楽曲披露があり、「これだけで円盤が作れるんじゃないか」という充実ぶりだった。

 また、ラストを飾る仙台公演では、仙台駅の構内が乃木坂への歓迎ムードに溢れ、スタジアムのある利府では、市長自らが街頭でファンを歓迎し、街のいたるところに乃木坂メンバーの装飾がされており、非常に暖かいもてなしを受けた。

 しかし、そんな歓迎ムードに水を差すファン(?)というのはいるもので、仙台ではサービス用にメンバーのコースターを先着順に渡すという企画があったのだが、一般客に対してそのコースターを譲れとせまる人間があらわれたため苦情が殺到、この企画は打ち切りになってしまった。

 また、交通の便の悪さ、宿泊施設が足りないなどの問題もあるのだが、仙台駅構内・郊外では、ライブ後行き場を失ったファンが深夜まで徘徊し、あげくは寝ている姿が写真に撮られてもいる。

 それでも救いなのは、ライブ後、周辺を自ら掃除するファンや、苦情に対して速やかに謝罪するコメントを出すファンも多く、また各会場のキャパが多かったためか、はたまた人気に翳りでも見えているのか、措置が上手く効いたのか、転売が少なったことだろう。

 また、ライブ自体は企画のよさもあるし、メンバーもまた大きな会場に負けず最高のパフォーマンスを発揮したということで、全体的に評判はいいようだ。記者は名古屋と大阪への参戦にとどまったが、どちらも新規と思われる女性ファンが楽しそうに「また来たい」と言っているのを聞いた。

 一部で心配されていた卒業など、ネガティブのサプライズもなく、急激に成長を見せる3期生を1期2期がしっかりと支える形がしばらくは続きそうだ。

 さらに、この流れ受けて…かどうかわからないが、アンダーはいよいよ10月に北海道でのライブを開催する。集客が難しく、乃木坂全体でもハードルが高い北海道。

 ホールクラスとはいえ、平日4日間、一部を除き、ほぼオールスタンディングという悪条件ではあるが、今回のセンターを務めるのは、経験もスキルも鍛え上げられている1期生中田花奈であるし、北野日奈子も万全で復帰するようなので、なんとか、これまでのように、悪条件を跳ね返して成功に導いてくれるだろう。(潜水亭沈没)

関連キーワード乃木坂46

「芸能」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース