北海道で日米共同訓練、9月10日から

2018年8月26日 13:00

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 防衛省は23日、沖縄の基地負担軽減の一環で、9月に予定している日米共同訓練を北海道で行うと発表した。オスプレイ6機も参加の予定。訓練は10日から29日までで、24日にはオスプレイ体験搭乗も予定している。

 米軍から第36海兵航空群第265海兵隊中型ティルト・ローター機飛行隊(普天間)など約1500人が参加。日本側から陸上自衛隊約1250人が参加の予定としている。

 訓練場所は北海道大演習場(札幌・千歳・恵庭・北広島の4市)はじめ矢臼別演習場(別海・厚岸・浜中の3町)、上富良野演習場(上富良野・中富良野の2町と富良野市)などで、ヘリで敵地などへ部隊を機動・降着させるヘリボン訓練や空挺降下訓練などを行う。

 訓練にはMV22オスプレイ6機、CH53の4機前後が参加予定。オスプレイの機体整備や燃料補給に帯広駐屯地を使用予定としている。地元自治体は住民の不安解消へ詳しい説明を求める意向だ。これまでに沖縄県外で行われたケースは国内で5回、グアムで1回になっている。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
日本らいPKO活動続けるよう激励 稲田防相
オスプレイでの訓練 沖縄県外で実施 日米合意
中谷防衛相が日米の横田基地訪ね、共同訓練視察

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード北海道防衛省自衛隊オスプレイ米軍陸上自衛隊

広告

写真で見るニュース

  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース