JPEG、偽ニュースや著作権侵害対策にブロックチェーン利用技術を開発へ

2018年8月18日 15:56

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 画像フォーマットであるJPEGにDRM機能を導入しようという動きがある(David GerardSlashdot)。

 JPEGにDRM関連の機能を組み込むという話は以前から提案されていたが、今回話題になっているのは検討されているDRMがブロックチェーン技術を利用したものになっているからのようだ。

 JPEGフォーマットの策定を行なっているJPEG(Joint Photographic Experts Group)の発表では、偽ニュースや著作権侵害、メディアフォレンジック、プライバシやセキュリティといった問題をブロックチェーン技術で解決できる可能性があるとし、「JPEG Blockchain」として標準化していく意向のようだ。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | DRM | 著作権

 関連ストーリー:
AndroidもHEIFに対応 2018年03月12日
ロイヤリティフリーで高性能というコーデック「AV1」とその静止画版、 普及なるか 2018年01月26日
Google発のJPEGエンコーダー「Guetzli 1.0」リリース 2017年03月22日
「JPEGのプライバシ問題」を解決するべく新たな規格策定が進んでいる 2017年01月13日
JPEGへのDRM導入が提案される 2015年10月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権侵害セキュリティブロックチェーン偽ニュース

広告

広告

写真で見るニュース

  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
  • 2018年4月25日に公開された詳細な銀河系の立体地図 (c) ESA
  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース