池袋パルコ、17日から秋のリニューアル第1弾をスタート

2018年8月15日 07:44

小

中

大

印刷

池袋パルコリニューアルのポスター(パルコ発表資料より)

池袋パルコリニューアルのポスター(パルコ発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 東京都豊島区南池袋のファッションビル池袋パルコは17日から、秋のリニューアルをスタートさせる。12月までかけ、本館とP’PARCOの全26区画約2,000平方メートルを順次リニューアルする方針で、第1弾として本館6階フロアを中心に女性やカップルのライフスタイルを充実させる店舗構成に切り替える。第2弾、第3弾のリニューアルは10月以降に進める予定。

【こちらも】パルコの新商業施設三宮ゼロゲート、神戸で9月14日に開業

 秋のリニューアルの狙いは、女性やカップルに照準を当てた身の回り品、コスメ、ファッション雑貨の充実。本館6階を女性やカップルのライフスタイルゾーンと位置づけ、大幅リニューアルに踏み切る。ライフスタイルを充実させる新規出店やリニューアル店舗を集め、5階の雑貨売り場との回遊性も高める。

 新規出店店舗はレディースファッションの「ナージー」が18日に本館2階に登場するのを皮切りに、24日には本館地下2階にアクセサリー、雑貨の「ココヒルズ」、9月6日に本館6階へバッグ、アクセサリー、レディース・メンズファッションの「ミルク」、9月13日に本館6階にバッグ、ファッション雑貨の「キャスキッドソン」、メンズ・レディースファッションの「トミージーンズ」がオープンする。

 リニューアル店舗では、17日に本館2階でレディースファッションの「ザ・ヴァージニア」、9月1日に本館6階でメンズファッションの「トルネードマート」、洋服直しの「お直しラボ」、本館地下1階でバッグの「サマンサベガ」、9月6日に本館3階でメンズ・レディースファッションの「LHP」、本館6階でソックスの「靴下屋」、9月13日に本館6階で自然派化粧品の「ザ・ボディショップ」、紳士・婦人靴の「ABCマート」が装いを新たにする。

 池袋パルコは国内外に建て替え休業中を含めて19店舗あるファッションビルパルコの1号店で、旗艦店とされる渋谷店とともに、店舗網の中核と位置づけられている。2018年2月期決算で名古屋パルコに次ぐ、284億円の売り上げがあった。(記事:高田泰・記事一覧を見る

関連キーワードパルコ名古屋パルコ池袋パルコ

広告

広告

写真で見るニュース

  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
  • さんすて岡山飲食ゾーンのイメージ(JR西日本など発表資料より)
  • 使用されているスーパーコンピュータ(画像: IBMの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース