無料SSL「Let’s Encrypt」のルート証明書 全端末で直接信頼されるには5年必要

2018年8月10日 23:03

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 無料でSSL/TLS証明書を発行するLet's Encryptが、同プロジェクトのルート証明書がMicrosoftやGoogle、Apple、Mozilla、Oracle、blackberryなどを含む主要メーカーの製品から直接「信頼」されたことを発表した

 無料でHTTPSの利用ができるようになるとあって多くのユーザーからの支持を得ているLet's Encryptではあるが、すべての端末で直接信頼されるためにはさらに5年以上かかるという予想を出している。

 Let's Encryptのルート証明書は比較的新しいOSやブラウザ、端末からは直接信頼されているものの、世の中にはそうでない古くからあるシステムも数多く稼働している。これに関しては古いシステム自体がWebエコシステムから退出するのを待つしかなく、これには5年以上かかるとLet's Encryptは見積もっているという(GIGAZINEBLEEPING CPMPUTERSlashdot)。

 なお、Let's Encryptでは中間証明書が大手認証局IdenTrustによってクロス署名されているため、Let's Encryptのルート証明書を直接信頼していない製品であってもLet's Encryptで発行された証明書はほとんどのケースで信頼されるようになっている。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | インターネット

 関連ストーリー:
上場企業やgo.jpドメインでもLet's Encryptのサーバ証明書の利用が広がる 2018年06月07日
はてな、Let's Encryptへの継続的な寄付を開始 2018年06月05日
Let's Encrypt、ワイルドカード証明書の発行を開始 2018年03月16日
Let's Encrypt、2018年1月よりワイルドカード証明書にも対応へ 2017年07月13日
無料でSSL証明書を取得できるサービス、来年夏登場予定 2014年11月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAppleMicrosoftMozillaOracleSSLTLS

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース