トヨタ、「ハイエース」「レジアスエース」の特別仕様車を発売

2018年8月7日 08:34

小

中

大

印刷

ハイエース特別仕様車スーパーGL“DARK PRIMEII”(2WD・2800ディーゼル・標準ボディ)<オプション装着車>。(画像:トヨタ自動車発表資料より)

ハイエース特別仕様車スーパーGL“DARK PRIMEII”(2WD・2800ディーゼル・標準ボディ)<オプション装着車>。(画像:トヨタ自動車発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • ハイエース特別仕様車スーパーGL“DARK PRIMEII”(4WD・2700ガソリン・ホワイトボディ)<オプション装着車>。
  • レジエース特別仕様車スーパーGL“DARK PRIMEII”(2WD・2800ディーゼル・標準ボディ)<オプション装着車>。
  • ハイエース特別仕様車スーパーGL“DARK PRIMEII”インテリア。
  • ハイエース特別仕様車スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”(2WD・2800ディーゼル・標準ボディ)

 トヨタ自動車は、ハイエースとレジアスエースに特別仕様車スーパーGL“DARK PRIMEII”を、またハイエースに特別仕様車スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”を設定し、8月6日に発売した。

【こちらも】トヨタ、カムリに待望のスポーティグレード「WS」を新設定

 ハイエースは全国のトヨペット店(東京地区は東京トヨタおよび東京トヨペット、大阪地区は大阪トヨタ)、レジアスエースは全国のネッツ店を通じての発売である。特別仕様車“50TH ANNIVERSARY LIMITED”は、2019年7月31日までの期間限定生産の予定。

 まずDARK PRIMEIIから見ていこう。こちらは最上級のグレード「スーパーGL」をベースに、外装はダークメッキを施したフロンドグリル、バックドアガーニッシュを特別装備。また内装にはルーフ、ピラー、セパレーターバーにブラック色を採用するなど質感を向上させている。

 特別仕様車スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”は、ハイエースの誕生50周年を記念して発売されたモデルである。

 ハイエースの初代は、1967年2月、トヨエースの小型版として発売された。同年10月にはワンボックスボディのワゴンが追加されている。こちらもスーパーGLをベースに、外装は漆黒めっきを施したフロントロアグリルをはじめ、フロントフォグランプベゼルやフルホイールキャップに高輝度塗装を施すなどして、より上質な落ち着いた印象を演出している。

 メーカー希望希望小売価格は、DARK PRIMEIIが313万9,560円~369万4,680円。(ハイエース、レジアスエース間での価格の違いはなし)。

 50TH ANNIVERSARY LIMITEDは、324万円~379万5,120円である。(藤沢文太)

関連キーワードトヨタ自動車特別仕様車

「自動車・バイク新製品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース