三陽商会、米ブランド「アポリス」と提携 ライフスタイル型事業を強化

2018年7月27日 23:55

小

中

大

印刷

記事提供元:アパレルウェブ

 三陽商会は、北米発のファッションブランド「アポリス(APOLIS)」の生産・販売について、APOLIS HOLDINGS, LLC(本社:米国カリフォルニア州/シェー・パートンCEO)と事業提携に関する契約を締結したことを発表した。ライフスタイル型事業強化を目的としたもので、2019年春夏から、本格的に日本国内における事業を開始する。
 
 「アポリス」は、創業者のラーン&シェー兄弟が、世界中を旅するなか、発展途上国の経済発展の橋渡しとなるビジネスモデルを志したことをきっかけに、2004年に米国LAででスタートしたブランド。“Global Citizen(地球の市民)”をブランドフィロソフィーとして掲げ、世界規模で雇用を作ることをミッションに活動している。カジュアルウェア、バッグやシューズなどの服飾雑貨、ステーショナリーやコーヒーカップ、フレグランスなどの生活雑貨といったアイテムを販売する。
 
 三陽商会は2017年に発表した中期経営計画「Sanyo Innovation Plan 2017」で、“新たな顧客”“新たな販路”“新たな商品・サービス”の提供を掲げており、「アポリス」と事業提携することにより、ライフスタイル型事業を強化する。今秋にEC販売を先行スタートし、2019春には直営店舗のオープンを予定している。

※この記事はアパレルウェブより提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ三陽商会

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 新型「718スパイダー」(画像: ポルシェの発表資料より)
  • NASAによるエウロパ表面のイメージ。左側の黄色がかった部分が、塩化ナトリウムの濃度が濃い部分。(c) NASA/JPL/University of Arizona
  • A321XLRのイメージ。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 水推進エンジンを搭載した実証衛星(画像: 東京大学の発表資料より)
  • 「vibes.」のイメージ。(画像: Reviveの発表資料より)
  • 夏ぶたチーズ4。(画像:日本ピザハット発表資料より)
  • ロッテリア クラシック チリミート。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 渋谷パルコのイメージ(竹中工務店提供、パルコ発表資料より)
  • プロキシマケンタウリを周回するプロキシマケンタウリbのイメージ図。(c) ESO/M. Kornmesser
 

広告

ピックアップ 注目ニュース