台湾開催の「東アジアユース大会」中止へ 中国の妨害で 日本は棄権 

2018年7月25日 14:06

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:06JST 台湾開催の「東アジアユース大会」中止へ 中国の妨害で 日本は棄権 

来月24日に台湾台中市で開催予定の「第1回東アジアユース大会」(AsianYouthGames)が、中国の反対で開催中止に追い込まれた。

中国は台湾一部の民間団体が「台湾」の名義で2020年の東京五輪の参加を目指す署名活動を理由に、台中市の開催中止を提案した。東アジアオリンピック委員会(EAOC)が24日に開いた理事会で、中国、香港、マカオ、モンゴル、北朝鮮、韓国の6か国・地域及びEAOC主席の劉鵬(中国籍)が提案に賛成した。台湾が反対、日本が「非常事態に関わり、会議の延期再議が必要だ」と棄権した。

同大会は東アジア競技大会から名称を変更した後、2019年に台中で初めて開かれる予定であった。この4年来、台中市は総額6.7億元(約24
億円)を投じて、着々と準備を進めている。

同日、台湾総統府が声明文を発表。「公然と粗暴な政治的手段でスポーツ大会を介入した」と中国を厳しく非難した。台中市政府に開催権益を守れるようと訴えた。主催地の台中市政府は、台湾社会及び国際社会と連携を取り問題を解決していくという。

(翻訳編集・柳雅彦)

【ニュース提供・大紀元】《US》

「注目トピックス」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告