「アジアのスタートアップにおける日本の投資動向」を公開

2018年7月23日 16:46

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:46JST 「アジアのスタートアップにおける日本の投資動向」を公開
テックメディア&コミュニティを運営するTechinAsiaは、「アジアのスタートアップエコシステムにおける日本の投資家の大きなインパクト」をテーマにした調査レポートを、2018年7月23日に公開した。
日本はアジアのなかでで、シンガポールのようにスタートアップハブにはなっていないが、日本の投資家(独立系VC、CVC、機関投資家等)は、アジアのスタートアップエコシステムへの関与を高めつつあることが、TechinAsiaのデータベースで明らかになった。
ソフトバンクをはじめとする日本の投資家は、アジア各国のユニコーン企業への投資をおこなっていることも判明した。
『アジアのスタートアップエコシステムにおける日本の投資家の大きなインパクト』のダウンロードはこちらから。

■掲載データの一例

・日本の投資家/中国の投資家によるアジアのスタートアップへの投資額の比較
このレポートでは、AlibabaによるLazada買収や、TencentによるSeaやGo-Jekなどのユニコーン企業への投資が目立ちはじめているが、日本のアジアへの投資活動状況を中国と比較している。2015~2017年には、日本企業と中国企業の対外投資案件の総額を比較すると、日本は投資総額や投資案件数の両方で、中国より積極的にアジアへの投資を行なっている。しかし、2017年以降になると、中国の対アジア投資が加速している。

・日本企業が投資しているアジアのユニコーン企業(中国/日本企業は除く)
日本はアジアのスタートアップに積極的に投資を行なっている。調査の結果、アジアでのる中国や日本を除くユニコーン30社の内、日本の投資家は15社に投資している。投資先のスタートアップを国別で見るとインドがもっと多い。業界別は、Eコマース企業がもっとも多い。

■目次

(1)アジア市場が急増する基本的背景
(2)投資トレンド
2-1.アジアスタートアップへの投資動向(全体)
2-2.日本のアジアにおけるスタートアップ投資動向
2-3.日本/中国のアジアにおけるスタートアップ投資動向比較
2-4.日本の企業の投資動向(案件数/投資額)
2-5.2015-2017年の日本の投資家による注目投資案件
2-6.アジアスタートアップへの投資額が多い企業TOP5
(3)アジアのユニコーン企業と日本企業/スタートアップの関係
TechinAsiaJapanは、アジア地域での投資活動のデータベースを活用し、アジア進出を検討している企業へ、要望に合わせた市場調査~進出までの長期サポートプランを用意している。現在、興味のある企業向けに、TechinAsiaJapanが定期的に発行しているアジアの投資レポートや、ビジネスモデルレポートのサンプルを提供している。
詳細はこちらを参照のこと。
TechinAsiaは、アジアのTech&Startupエコシステムの醸成を担う、オンライン+オフラインプラトフォームである。シンガポール本社をはじめ、アジアの12都市に150名以上のスタッフが常駐し、主に以下のような事業を行っている。
・アジア最大のスタートアップメディア「techinasia.com」の運営
・アジア3カ国での大規模カンファレンス運営(シンガポール、インドネシア、日本)
・テック/ビジネス感度の強い読者を繋げる人材プラットフォーム
2018年9月20日(木)と21日(金)には、アジア最大級のテックカンファレンス「TechinAsiaTokyo2018」を開催する。
詳細は、公式ページを参照のこと。


【ニュース提供・エムトレ】《US》

「注目トピックス」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース