(中国)上海総合指数は0.50%安でスタート、米中貿易摩擦の激化を警戒

2018年7月23日 10:51

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:51JST (中国)上海総合指数は0.50%安でスタート、米中貿易摩擦の激化を警戒
23日の上海総合指数は売り先行。前日比0.50%安の2815.20ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時47分現在、0.36%安の2818.99ptで推移している。米中貿易摩擦の激化が警戒されている。一方、当局が金融政策を緩和的な政策に移行しているとの観測が指数をサポートしている。《AN》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 左から「のどごしなめらか 冷し山菜おろしそば」、「のどごしなめらか ざるそば」、「冷しとろろそば」。(画像:ファミリーマート発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 利用のイメージ。(画像: ベルキンの発表資料より)
  • ゆいレール (c) 123rf
  • 2018年7月に実施された実証実験時の様子。(画像:セコムの発表資料より)
  • 新型「KATANA」。(画像:スズキ発表資料より)
  • 金農パンケーキ~ブルーベリー&ホイップクリーム~。(画像:ローソン発表資料より)
  • ポーランドのワルシャワにあるニコラウス・コペルニクスの像。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース