東京都の「時差Biz」 やりっぱなしという批判も 具体的な検証なく

2018年7月11日 22:36

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 東京都は通勤時の満員電車回避のため、「時差Biz」と称する通勤時間をずらす試みを初めている(過去記事)。今年は7月9日から8月10日の間、企業に対し労働者の通勤時間をずらせるよう配慮を求めており、東京都による広報活動も盛んに行われている。これに対し、具体的なデータ検証はほとんど行われていないという批判が出ている(東洋経済)。

 去年も同様の試みは行われたが、その効果についてはアンケート調査でしか検証されておらず、実際にどの程度乗車率が変化したのかといった具体的なデータはないという。また、参加企業もまだ少なく、さらに東京都職員の一部でも時差通勤は行われているが、そこからのフィードバック等はされていないという。

 ちなみにアンケート調査では過半数が混雑回避を実感したのは「7時半までの出社」もしくは「9時31分から11時に出社」した人だったということから、多少の就業時間変更ではあまり対策にはならないようだ。

 スラドのコメントを読む | 日本

 関連ストーリー:
クールビズの次は「時差ビズ」 2017年05月02日
Yahoo、週休3日制の導入へ 2016年09月26日
スラドに聞け:東京の満員電車を無くすにはどうすれば良い? 2016年08月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード東京都

「社会」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース