障害続くファーストサーバのホスティング「Zenlogic」が復旧

2018年7月11日 11:08

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 ファーストサーバのホスティングサービス「Zenlogic」が6月19日より断続的に障害を起こしていたが(過去記事)、同社がこの対応として7月6日より行っていたメンテナンス作業が完了した(同社のメンテナンス情報ページ)。

 Zenlogicでは「7月6日20時00分 ~ 最長7月9日08時00分」の予定で全サービスを停止し、メンテナンスをしていたが、予定通りに復旧できず、メンテナンス終了時刻は無常にも「未定」に変更された。その後、7月10日11時付けでメンテナンスの作業完了が報告されている。現時点では稼動状態は安定しているという。ただ、一部の顧客では未だサービスが利用できない状況が続いているという。

 今回の障害では、Zenlogicを使っていると噂されるエレコムドライバのダウンロードなどにも影響が出ていた模様だ(参考:その他のホスティング事例エレコム公式ツイッター)。

 なお、ZenlogicはバックエンドとしてOpenStackベースのクラウド基盤を採用しているという(日経新聞)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | IT

 関連ストーリー:
ファーストサーバのホスティングサービス「Zenlogic」で6月19日より障害、未だ復旧せず 2018年07月04日
富士通、全社内システムをクラウドに移行へ 2015年02月18日
クラウドを使ったサービスデータ消失が発生したら、責任は誰が取る? 2012年08月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードクラウド

「ITソリューション」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース