フランスがベルギーに1-0で勝利、決勝進出 W杯サッカーロシア大会

2018年7月11日 08:45

小

中

大

印刷

 10日(現地時間)、ロシア・サンクトペテルブルクで行われたW杯サッカーロシア大会準決勝でフランスがベルギーに1-0で勝利した。フランスは3大会ぶりの決勝進出を決めた。

 序盤はお互い出方をうかがっていたが、次第にベルギーがボールをキープしてフランスがカウンターを狙う展開となる。ベルギーは前半14分、18分と立て続けにアザールがシュートを放つ。前半21分にはフランスGKロリスにスーパーセーブされる。フランスも前半30分、33分、36分と立て続けにシュートを放つ。前半40分にはベルギーGKクルトワにスーパーセーブされるなど際どいシーンが続く。

 後半6分、フランスはグリーズマンのCKをニアでウムティティがヘッドで合わせ先制する。勢い付いたフランスがボールをキープし始めるが、ベルギーも前がかかりとなる。後半20分、ベルギーは投入されたばかりのメルテンスのクロスをフェライニがヘッドで合わせるも惜しくもゴールを外す。自陣で人数をかけてブロックを作るフランスにベルギーはチャンスを作り切れない。

 後半35分、ベルギーはカラスコを投入してサイドからの攻撃を厚くする。直後、ベルギーはヴィツェルがミドルシュートを放つがGKにスーパーセーブされる。アディショナルタイムもフランスはベルギーのアーリークロスを跳ね返す集中した守備からカウンターでゴールも狙う。フランスは投入された選手の効果的な守備もあって、このまま試合を終わらせた。

関連キーワードフランスサッカーワールドカップ(W杯)ベルギー

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース