日経平均テクニカル:続伸。200日線超えもローソク足は下落転換を示唆

2018年7月10日 18:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:15JST 日経平均テクニカル:続伸。200日線超えもローソク足は下落転換を示唆
10日の日経平均は3日続伸した。終値は前日比144.71円高で200日線を上回ったが、安値引けとなり、寄り値比では18.45円安。ローソク足は長い上ひげを伴う「卒塔婆」となり、明日11日以降の下落転換を示唆している。一目均衡表では、転換線が下降を続ける一方、基準線は横ばい。日々線は基準線の下で引けており、上値の重さを確認した形となった。ボリンジャーバンドでは、3日の一時-3σ割れ以降の反転トレンドに乗って中心線を上回る場面があったが、終値では維持できず、中心線からプラス側領域での売り物の厚さを窺わせた。RSIは45.85%に上昇し、中立ゾーンに入った。ストキャスティクスの%Kが90%を超えるなど短期的な強気局面の終了が示唆されており、ここから上を買い進むには追加的な買い材料が必要とみられる。《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース