ディズニー、スタントマンの代わりに危険なアクション行うロボット開発中

2018年7月9日 23:28

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 米Walt Desneyはテーマパークなどで利用する技術の開発などを手がける研究開発部門も傘下に持つが、その1つであるDisney Imagineeringが、スタントを行うロボットを開発しているそうだ(TechCrunchEngadget Japanese)。

 このロボットは人間に近い姿で、自律的にパフォーマンスの修正を行える「ロボットのスタントマン」だという。これにより、映画の中でスタントマンやCGを使って行われるようなパフォーマンスを、テーマパーク内のアトラクションとして披露できるようになるという。

 デモ動画ではサーカスなどで人間が行うようなワイヤーアクションをロボットが行う様子を確認できるが、すでに遠目から見れば人間によるアクションのように見えるレベルに達しているようだ。

 スラドのコメントを読む | 娯楽 | ロボット

 関連ストーリー:
Disney Reasearch、無線電力送信技術を開発 2017年02月22日
Disney Research、ナイロン糸ベースの人工筋肉を開発 2015年06月12日
米ディズニーランド、RFID付きリストバンドで訪問者を追跡する計画を発表 2013年01月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードロボットディズニー

「ロボット・人工知能(AI)」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース