日本海洋掘削<1606>のフィスコ二期業績予想

2018年6月23日 23:39

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*23:39JST 日本海洋掘削<1606>のフィスコ二期業績予想
※この業績予想は2018年6月11日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

日本海洋掘削<1606>

3ヶ月後
予想株価
1,550円

国内唯一の海洋掘削専門企業。石油・天然ガスの探鉱・開発に係る海洋掘削事業が主力。地球深部探査船「ちきゅう」の運用等も手掛ける。海洋掘削は売上好調。「ちきゅう」による商業掘削等が寄与。18.3期は2桁増収。

19.3期は営業黒字転換見通し。前期減損処理等の実施が寄与。HAKURYU-5やHAKURYU-10等の稼働日数増加を見込む。テーマ性はあるが、株価回復には業績改善を見極める必要。当面は様子見先行か。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/25,380/430/-320/-990/-/0.00
20.3期連/F予/27,000/500/-250/-300/-/0.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/06/11
執筆者:YK《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • ヨドバシ梅田タワーのイメージ。(ヨドバシホールディングス発表資料より)
  • 「next cruiser EV」(画像: ブレイズの発表資料より)
  • 「Galaxy S10+ Olympic Games Edition」(画像: サムスン電子ジャパンの発表資料より)
  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース