【編集長の視点】加賀電子は新工場建設に新規M&Aなど相次ぐ成長戦略を見直し突っ込み買い妙味

2018年6月21日 09:14

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 加賀電子<8154>(東1)は、今2019年3月期に入って、今年5月29日に国内5拠点目となる新工場の建設を発表し、次いで6月4日にはセキュリティ関連のベンチャー企業Secual(東京都渋谷区)への出資を公表と成長戦略を相次いで発動しており、突っ込み買い妙味を示唆している。業績実態面でも低PERに放置され、テクニカル的にも、25日移動平均線から約7%のマイナスかい離と売られ過ぎであり、逆行高期待を高めよう。

■国内5拠点体制が完成しマザー工場として海外EMS2工場との連携も強化

 新工場は、同社の100%子会社・加賀マイクロソリューション(東京都渋谷区)が、約12億円を投資して福島県須賀川市に建設、今年11月に着工し、2019年7月に竣工・稼働開始を予定している。電子部品のEMS(開発・生産受託)工場の山形工場が、手狭となっているため一部生産を移管、国内5拠点目として建設し従業員約50名を採用して国内生産機能を強化するとともに、マザー工場として中国、マレーシアに展開している海外2生産拠点との連携も強める。  また同工場建設は、経済産業省の「津波・原子力災害被災地域雇用創出企業立地補助金」の指定事業にも選定され、業績期待も高めている。同社の今2019年3月期業績は、電子部品を取り巻く事業環境の変化が激しく不確定要素が大きいため業績予想は困難として非開示とされ、代わって今2019年3月期が最終年度となる「中期経営計画2018」の目標数値の売上高2900億円(前期比22.9%増)、経常利益100億円(同14.4%増)の達成に取り組むとした。今回の新工場建設は、補助金収入の計上など業績上乗せ要因としても注目される。

 一方、Secualの子会社化は、IoTを活用したスマートセキュリティ製品の開発・製造とスマートセキュリティ、サービスを展開する同子会社との連携で防犯セキュリティ性の高いスマートホーム化を手軽に実現し、さらに加賀電子の各種センサーやゲートウェイの需要を創出するなど相乗効果が生まれてくる。同社は、成長戦略の一環として3年間で50億円のM&Aを実施する中期経営計画を推進中で、相次ぐM&Aが業績上ぶれに早期寄与することになる。

■PERは11倍、配当利回りは2.6%と売られ過ぎ歴然で25日線奪回から年初来高値を目指す

 株価は、配当権利を落としてつけた年初来安値2477円から、同安値が1株純資産2571円を下回って売られ過ぎと評価し、さらに同社M&A先の米ベンチャー企業の医療用システムの米食品医薬品局(FDA)承認も続いて2800円台までリバウンドした。その後の5月には、今期業績予想の非開示で再び2592円へ下ぶれたが、売られ過ぎ訂正買いが再燃し、新工場建設やM&Aも加わって3030円の戻り高値まで買い直された。足元では、全般相場の大幅続落とともに、5月安値近辺へ往って来いとなったが、PERは前期実績ベースで11倍台、配当利回りは2.65%と売られ過ぎを示唆している。まず25日線水準の2800円台奪回で弾みをつけ、年初来高値3160円を目指そう。(本紙編集長・浅妻昭治)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)
【材料でみる株価】イオレは団体活動を支援するデータカンパニー(2018/02/19)
【業績でみる株価】夢真ホールディングスは17年9月期1Q大幅増収増益、通期予想に上振れ余地(2018/02/13)
【株式評論家の視点】スペースシャワーネットワークは第3四半期業績が年計画を上回り好調、下値圏に届き下げ渋る(2018/02/07)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース