米国、セーフガード発動も太陽光発電の導入率がガスや風力を超え堅調

2018年6月19日 19:36

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

taraiok曰く、 トランプ政権が1月、太陽光パネルへの緊急輸入制限(セーフガード)を発動。30%の追加関税を課す輸入制限を行った。にもかかわらず、今年の第1四半期は太陽エネルギーがガスや風力などを抜き、米国で最も多く導入された電力供給源となったという(BloombergSEIASlashdot)。

 Solar Energy Industries Association(SEIA:米太陽エネルギー産業協会)とGTM Research(GTM)の調査によれば、米国は第1四半期に2.5ギガワットの発電力を持つ太陽光発電施設が導入された。これは第4四半期中に追加された米国電力容量の55%を占める。2年連続で風力発電と天然ガスタービンの導入率を超えたとしている。

 太陽光発電システムを仮想的に所有するコミュニティ・ソーラー・プロジェクトが広がったことが、太陽光発電分野の導入を牽引したようだ。GTMによると、今年の太陽光の設置規模は条件の悪化にも関わらず、昨年とほぼ同じ10.8ギガワットになると予想されている。2023年までには14ギガワット以上に達すると見込まれている。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | 電力 | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
トランプ大統領、メキシコとの国境に設置する壁を太陽光パネルにする案を披露、自画自賛 2017年06月28日
太陽光発電は石炭火力の2倍以上の雇用を米国で生み出している 2017年02月14日
世界最大の集光型太陽熱発電所は野鳥を捕える巨大な罠? 2014年08月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード風力発電太陽光発電

広告

写真で見るニュース

  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース