3GPP、第5世代移動通信(5G)の標準仕様を策定

2018年6月18日 22:26

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 携帯向け通信規格の標準化プロジェクトである3GPPが、第5世代(5G)無線通信方式の標準仕様を策定した(ITmediaケータイWatch)。

 3GPPには世界各国の大手キャリアや端末メーカーなどが参加している。5Gではより高速な通信速度、低遅延、接続数の向上などが課題とされており、毎秒当たりの通信速度は「ギガビットレベル」になるという。

 米国では2018年内に5G方式を採用したサービスの提供が開始されると報じられている。とはいえ、5G対応端末の登場はもう少しあとになるようだ。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | 携帯電話 | 携帯通信

 関連ストーリー:
Massive MIMOは無限にアンテナを増やせる 2018年03月15日
5G通信方式は2017年に実証実験を開始 2016年05月17日
次世代通信5Gの周波数帯が決定、日本案は賛同を得られず 2015年12月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード5G(第5世代移動通信システム)

広告

広告

写真で見るニュース

  • フランクフルトモーターショーで話題となったフォルクスワーゲン・ID.3(画像: フォルクスワーゲン発表資料より)
  • 自動手荷物預け機のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 「ザ・コラーゲン B-Shot」(画像: 資生堂の発表資料より)
  • 第46回東京モーターショーでダイハツが出展する予定のコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
 

広告

ピックアップ 注目ニュース