オプティム 契約書を解析、管理するAI・システムの特許を取得

2018年6月15日 15:22

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:22JST オプティム---契約書を解析、管理するAI・システムの特許を取得
オプティム<3694>は14日、契約書を解析、管理するAI・システムの特許を取得したと発表。

今回取得した特許は、AIが契約書の文章の中から所定のキーワードを検出し、検出したキーワードから、契約相手や契約期間、契約書の種類を認識するというもの。認識したキーワードを基に、契約相手の企業情報をAIが収集し、情報と契約書の種類、キーワードを抽出して管理・解析し、契約書内の重要箇所を判定する。

重要と判定された箇所を通知することで、契約書において想定されるリスクや重要情報などをユーザーが確認、判断することができる。《MW》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース