FOMC予測やFRB議長の会見内容が手掛かり材料に

2018年6月13日 15:30

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:30JST FOMC予測やFRB議長の会見内容が手掛かり材料に
 史上初の米朝首脳会談では北朝鮮は「朝鮮半島の完全な非核化」を目指すことで合意したものの、時期や具体策、朝鮮戦争の終結などに言及しなかったことから、ドル売り圧力は消えていないようだ。ただ、5月米消費者物価指数(CPI)は前月比から0.2%上昇し、市場予想と一致。これを受けて、市場では米連邦準備制度理事会(FRB)が緩やかな利上げを継続するとの見方が強まったことから、ドル相場を下支えしている。

 日本時間14日未明のFOMC声明公表を控えて市場の様子見ムードは一段と広がっている。市場ではFRBが政策金利を0.25ポイント引き上げる公算が大きい。今後の金融政策の動向を見極めるためにもパウエルFRB議長の記者会見での発言や同時に発表される政策金利見通し「ドットチャート」や景気・インフレ見通しに注目が集まっている。《MK》

「注目トピックス」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース