銀座のソニービル跡地に「Ginza Sony Park」、8月9日開園

2018年6月8日 17:54

小

中

大

印刷

(画像:ソニー発表資料より)

(画像:ソニー発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 ソニーは、「Ginza Sony Park」を8月9日に開園すると発表した。1966年に完成、2017年3月末に営業を終了した東京・銀座のソニービルをリニューアルする形だ。数寄屋橋交差点に面した公共スペース、いわゆる「ソニースクエア」として知られる銀座の庭をさらに拡大し、「変わり続ける公園」というコンセプトで運営するという。

【こちらも】ソニーのAI統合開発環境 クラウドでの高速学習サービスを開始

 Ginza Sony Parkは東京都中央区銀座5-3-1、外堀通りと晴海通りの交わる数寄屋橋交差点に面している。2009年のデータでは公示地価日本第3位を誇った、日本でも有数の「一等地」にあるビルだ。

 Ginza Sony Parkは、約707平米のフラットな地上部分と、地下4層からなる「ローワーパーク(Lower Park)」で構成された、垂直立体公園となる。様々な店舗が入り、個性豊かなパートナーとともに種々のイベントが開催される予定となっている。

 各階のコンセプトを見ていこう。まずはGL(グラウンドレベル)、地上フロア。世界各地から集められた特別な植物を植え込むが、それが購入可能であるという「買える公園」というコンセプトになる。

 次に地下1階。「THE CONVENI」というコンビニエンスストアが入る。コンビニエンスストアではあるが、藤原ヒロシ氏をディレクターに迎え、ユニークなアイテムを取り揃えるという。また、ミシュランの星を持つ店による飲茶スタンド「MIMOSA GINZA」も地下1階に入る。

 地下2階はイベントスペースとなり、また東京メトロ銀座駅のコンコースに直結する。

 地下3階は「トラヤカフェ・あんスタンド」の店舗と製造所が入る。

 地下4階はコンセプトデリ「“BEER TO GO”by SPRING VALLEY BREWERY」がオープン。ライブ会場も位置し、ライブを楽しみながらの飲食も可能だ。

 開園時間は、5:00~24:30を予定している。(藤沢文太)

関連キーワードソニー銀座トラヤカフェ・あんスタンド藤原ヒロシトラヤカフェ

「旅行・レジャー」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース