Yandex、独自開発のスマートスピーカー発売へ

2018年6月7日 21:11

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 ロシアのインターネット検索サービス大手であるYandexがスマートスピーカーを発売する(iedgeSputnikロボスタ)。

 「Yandex.Station」という名称で、同社が独自に設計・開発したという。「Alice」という音声アシスタントを搭載し、ユーザーからの音声による指示を認識して各種操作を行える。Yandexの提供する音楽配信サービスと連携して音楽を再生したり、テレビと接続して映像を再生する機能もあるという。

 利用可能地域はロシアのみになる可能性が高く、対応言語もロシア語のみ。価格は9,990ルーブル(約1万7000円)で、2018年夏に発売予定。購入者には音楽配信サービスや映画配信サービス、買い物割引きなどを提供する「Yandex.Plus」サービス(通常は月額169ルーブル)が1年間無料で提供されるという。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー

 関連ストーリー:
ロシア当局、Googleに対し独禁法違反として制裁金6.9億円を課す 2016年08月15日
露Agnitum、Yandexに買収される。Outpost Firewall等の開発・販売は終了へ 2016年01月29日
ロシアYandex、Googleに対し「独占禁止法違反である」として当局に調査を申し立てる 2015年02月23日
ロシアの検索エンジン「Yandex」がBingを抜き、世界4位に 2013年02月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードロシア音楽配信

「AV機器・カメラ」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース