スキー場開発 大幅に反発、18年7月期純利益見通しを上方修正、上限5万株の自社株買い/新興市場スナップショット

2018年6月7日 09:54

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:54JST <6040> スキー場開発 1908 +135
大幅に反発。18年7月期の純利益を従来予想の2.50億円から3.50億円(前期実績2.45億円)に上方修正している。一部スキー場の減損損失の計上額が減少する見通しとなったことに加え、連結子会社の非支配株主に帰属する純利益が減少することなどを反映した。第3四半期累計(17年8月-18年4月)の営業利益は前年同期比14.2%増の11.07億円、純利益は57.6%増の8.01億円。また、5万株(1億円)を上限に自社株買いを実施する。《HH》

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース