動物種の90%、遺伝学的見地から言えばほぼ同年齢か

2018年6月6日 17:39

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 さまざまな生物の遺伝子を分析してその多様性を調査したところ、多くの動物の遺伝的多様性はほぼ同じくらいと言う結果が出たそうだ(AFP論文PDF)。

 これによると、著者らは「DNAバーコーディング」と呼ばれる、DNA配列から種を特定するために使われる手法を用いて生物10万種のDNAバーコードを解析したという。その結果、大半の動物で「中立突然変異」にはばらつきがないことが分かったという。これは大半の動物が人とほぼ同時期に出現した可能性を示しているそうだ。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | バイオテック

 関連ストーリー:
マグロやサバの祖先は共通の細長い深海魚 2013年09月10日
人類はこれまで以上に進化する可能性がある 2012年12月04日
食材の信頼性を調べる「DNAバーコーディング」、レストランで導入されるかも 2011年11月28日
Science誌、「過去10年間の10大研究成果」を発表 2010年12月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード遺伝子DNA

「サイエンス」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る