ビットコインゴールド(BTG)に「51%攻撃」 約20億円の損失

2018年6月4日 23:46

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

maia曰く、 5月16日、仮想通貨ビットコインゴールド(BTG)が「51%攻撃」を受け、仮想通貨取引所で約20億円の損失が出たようだ(GIGAZINECNET Japanダイアモンド・オンライン)。

 51%攻撃は「Double Spend Attack(二重支払い攻撃)」とペアで実行される。51%攻撃は計算資源にコストがかかるが、借りた場合のコスト推定についてはcrypto51参照。BTGは1時間で$3,885だから、約42万円?

 仮想通貨では採掘者(マイナー)による多数決的なメカニズムで取引を承認するため、特定のユーザーが過半数の採掘能力を確保した場合、不正な取引を正式な取引として認定させたり、取引を一方的に無効にできる可能性があり、これが「51%攻撃」と呼ばれている。

 今回の攻撃は、仮想通貨取引所に仮想通貨を送金して対価を受け取ったうえでその取引を取り消すことで不正にリアルマネーを取得したという内容のようだ。

 スラドのコメントを読む | お金

 関連ストーリー:
暗号通貨に対する「Block withholding attack」が初めて確認される 2018年05月18日
コインチェックから流出したNEMの追跡打ち切り、犯人らはすでに匿名で換金済みか 2018年03月22日
英米政府機関を含む4千以上のWebサイトに仮想通貨採掘スクリプトが埋め込まれる 2018年02月15日
流出したNEM、匿名ネットワーク上での交換を行う動きが確認される 2018年02月10日
暗号通貨に対する初の信用格付け結果が発表される 2018年02月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード仮想通貨

「ITソリューション」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース