星光PMCの新素材がアシックスのシューズに採用される

2018年6月1日 10:58

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

星光PMC<4963>(東1)は1日午前、同社のセルロースナノファイバー(CNF)複合材料「STARCEL(スターセル)」がアシックス<7936>(東1)の・・・。

星光PMC<4963>(東1)は1日午前、同社のセルロースナノファイバー(CNF)複合材料「STARCEL(スターセル)」がアシックス<7936>(東1)の・・・。[写真拡大]

写真の拡大

■セルロースナノファイバーを原材料の一部に採用した世界初の商品に

 星光PMC<4963>(東1)は1日午前、同社のセルロースナノファイバー(CNF)複合材料「STARCEL(スターセル)」がアシックス<7936>(東1)の高機能ランニングシューズ「GEL-KAYANO 25(ゲルカヤノ25)」に採用されたと発表した。CNF強化樹脂材料を原材料の一部に採用した世界初の商品になるという。株価は10時過ぎに1211円(51円高)まで上げ、出来高も増加している。

 アシックスのランニングシューズ「GEL-KAYANO」シリーズは、25年に渡り世界のランナーから注目され、愛され続けているロングセラーで、ミッドソール(甲被と靴底の間の中間クッション材)には、軽量性と耐久性という相反する機能を高次元で両立させた新たなスポンジ材「FlyteFoamLyte(フライトフォームライト)」が使われており、この原材料の一部に、星光PMCのCNF複合材料「STARCEL」が使用された。

 セルロースナノファイバー(CNF)は、木材パルプなどの植物繊維を「ナノ」レベルまで微細化した次世代の高機能素材で、軽くて強く環境負荷が小さく、自動車用高機能化グリーン部材などとしての実用化も研究されている。

 星光PMCのCNFは、京都大学・生存圏研究所・矢野浩之教授が京都市産業技術研究所等と共に開発した革新的なCNF製造技術「京都プロセス」をベースに製造され、ミクロン単位であったセルロース繊維をナノレベルまでに解繊するなどの高度な製造を行なっている。

 今回は、アシックスの発泡成形技術と星光PMCの製造技術のコラボレーションにより、世界初のCNF強化樹脂応用製品の商品化が実現した。発泡成形体に「STARCEL」を採用すると、CNFが気泡壁でネットワークを形成し、発泡成形体に強度が付与されるとともに、耐久性が向上する。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)
【材料でみる株価】イオレは団体活動を支援するデータカンパニー(2018/02/19)
【業績でみる株価】夢真ホールディングスは17年9月期1Q大幅増収増益、通期予想に上振れ余地(2018/02/13)
【株式評論家の視点】スペースシャワーネットワークは第3四半期業績が年計画を上回り好調、下値圏に届き下げ渋る(2018/02/07)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース