米上院、インターネットの中立性を維持する決議案を可決

2018年5月20日 21:28

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

米上院は16日、「インターネットの中立性」規則を維持する決議案を可決した(採決結果The Guardianの記事The Washington Postの記事Ars Technicaの記事)。

決議案は政府機関の決定を連邦議会が覆すことを可能にするCongressional Review Actに基づき、民主党の上院議員が提出していたもので、昨年12月に連邦通信委員会(FCC)が決定した「Restoring Internet Freedom Order」を覆すものとなる。

インターネットの中立性規則について、共和党は撤廃、民主党は維持を主張しており、上院の勢力は共和党51、民主党47、無所属2。無所属のアンガス・キング氏とバーニー・サンダーズ氏は民主党と共同会派を組んでいるため撤廃派51、維持派49だった。しかし、採決では共和党の3氏(スーザン・コリンズ氏、ジョン・ケネディ氏、リーサ・マーカウスキー氏)が賛成に回り、闘病中のジョン・マケイン氏は欠席していたため、結果は賛成52、反対47となった。

ただし、FCCの決定を覆すには下院でも決議案を可決し、ドナルド・トランプ大統領が署名する必要がある。下院の勢力は共和党236に対し民主党193。可決は難しそうだが、今年は11月に中間選挙を控えていることもあり、有権者の動向によって結果が変わってくる可能性もある。Restoring Internet Freedom Orderは6月11日に発効する。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | スラッシュバック | 政治 | インターネット | IT | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
米バーガーキング、インターネットの中立性をワッパーの提供速度に例えたプロモーション動画を公開 2018年01月28日
米FCC、ネット中立性規定の廃止を承認 2017年12月19日
米「ネットの中立性」規則撤廃の見通し 2017年11月25日
ネット検閲に積極的なトランプ政権の誕生に対し、Mozillaはネットの中立性を守る活動に注力へ 2016年12月06日
米国でインターネットに対する「ネットワーク中立性」ルールが緩和へ 2014年05月02日
米控訴裁判所、FCCのネット中立性規則に無効判決 2014年01月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードドナルド・トランプ連邦通信委員会

「社会」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース