続々と登場する謎の「〇〇水」

2018年5月17日 21:03

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 以前「水素水」が話題になり、複数のメーカーから水素水や関連製品が続々と発売された。しかし、水素水に対しては国立・栄養研究所が「信頼できる十分なデータが見当たらない」と指摘したり、国民生活センターが水素水生成装置に対する注意喚起を行ったりと、その有効性に関する疑念が出ていた。そういった背景もあって「水素水ブーム」は沈静化したが、その後新たに効果が疑わしい多数の「○○水」的なものが登場しているようだ(Togetterまとめ)。

 @shakeeachのTweetによると、次のような水が確認されているという。

 量子水 
 素粒水 
 フォトン水 
 プロトン水 
 グラビトン水 
 レプトン水 
 次亜水 
 天然バイオ水 
 満月水 
 タキオン水 これ以外にも謎の「○○水」は多数存在していると見られている。

 スラドのコメントを読む | 変なモノ

 関連ストーリー:
過酸化水素水の服用が体にいいと信じ、実際に飲んで中毒になる人が米国で続出 2018年05月13日
国立健康・栄養研究所、水素水に対し安全性・有効性について「信頼できる十分なデータが見当たらない」との見解を出す 2016年06月22日
量子水の次は「グラビトン野菜」が話題に 2016年04月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード水素水国民生活センター

「社会」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース