【株式市場】円安など好感され日経平均は125円高まで上げて強もみ合い

2018年5月17日 13:04

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

◆日経平均は2万2817円88銭(100円65銭高)、TOPIXは1806.29ポイント(5.94ポイント高)、出来高概算(東証1部)は7億5260万株

 17日(木)前場の東京株式市場は、円相場が米国金利の一段上昇などを受けてドル高・円安気味になり、NYダウは金利上昇にもかかわらず反発したため、株価指数の先物が強く、日経平均は103円高で始まった後も強もみ合いを続けた。10時過ぎには125円43銭高(2万2842円66銭)まで上げ、前引けも100円65銭高(2万2817円88銭)と堅調。東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均も高い。

 伊藤忠商事<8001>(東1)などの大手商社株が原油や非鉄市況高などを受けて強く、SECカーボン<5304>(東2)は引き続き今期の大幅増益見通しなどが注目されて高値を更新。コンヴァノ<6574>(東マ)は連続2ケタ増益の見通しなどが注目されて出直りを拡大。小僧寿し<9973>(JQS)は今期の黒字化見通しなどへの評価が再燃し急反発。

 東証1部の出来高概算は7億5260万株。売買代金は1兆1199億円。1部上場2083銘柄のうち、値上がり銘柄数は1049銘柄、値下がり銘柄数は932銘柄となった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【業績でみる株価】テモナは安値圏モミ合いから上放れ、18年9月期1Q大幅増益で高進捗、3月31日基準日で株式2分割(2018/02/14)
【注目銘柄】パーソルホールディングスは地合い悪化の影響が一巡して上値試す、18年3月期増収増益・増配予想(2018/02/19)
【相場展望】「木を見て森を見ない」個別株物色を徹底して波乱相場を乗り切り桜満開の春相場へアプローチ(2018/02/15)
【業績でみる株価】MS&Consultingは売られ過ぎ感、18年3月期3Q累計減益だが通期増収増益予想(2018/02/15)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース