(中国)上海総合指数は0.19%高でスタート、米中貿易交渉や外資の流入に期待

2018年5月15日 10:44

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:44JST (中国)上海総合指数は0.19%高でスタート、米中貿易交渉や外資の流入に期待
15日の上海総合指数は買い先行。前日比0.19%高の3180.42ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時37分現在、0.03%高の3174.99ptで推移している。貿易問題を巡る米中の交渉に対する楽観的な見方が広がっていることが支援材料。また、海外マネーの流入期待が強まっていることも好感されている。「新・MSCI新興国指数」へのA株組入れは6月からスタートする予定だ。《AN》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース