(中国)上海総合指数は0.19%高でスタート、米中貿易交渉や外資の流入に期待

2018年5月15日 10:44

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:44JST (中国)上海総合指数は0.19%高でスタート、米中貿易交渉や外資の流入に期待
15日の上海総合指数は買い先行。前日比0.19%高の3180.42ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時37分現在、0.03%高の3174.99ptで推移している。貿易問題を巡る米中の交渉に対する楽観的な見方が広がっていることが支援材料。また、海外マネーの流入期待が強まっていることも好感されている。「新・MSCI新興国指数」へのA株組入れは6月からスタートする予定だ。《AN》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース