アイエスビー マルチプラットフォーム開発ツールQtでフォント描画を最適化するソリューションを提供開始

2018年5月15日 09:55

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:55JST アイエスビー---マルチプラットフォーム開発ツールQtでフォント描画を最適化するソリューションを提供開始
アイ・エス・ビー<9702>は8日、マルチプラットフォームの開発ツール「Qt(キュート)」に、ダイナコムウェア(本社:東京都千代田区)の組込み機器用軽量スケーラブルフォント及びフォント描画エンジンを実装するソリューションの提供を開始したと発表。

同社は、Qtの正規リセーラーで販売と導入時のエンジニアリングサポートを行っている。Qtは1つのソースコードでLinuxやWindows、RTOS、iOS、Androidなどのマルチプラットフォームに展開が可能なソフトウエア開発のツール。近年FA分野や医療機器、通信機器等の分野で活用されている。しかし、フォント描画については、各プラットフォームに依存しており、アプリケーション上で同一品質が実現できていないという課題があった。

同社は今回提供開始するソリューションにより、マルチプラットフォーム間のフォント描画の非一致を防止できるとしている。組込み機器用に最適な描画品質と描画速度を実現することで、最終製品においてアプリケーション起動時間短縮などにもつながると期待されている。同社では、組込み機器メーカーなどへ本ソリューションの販売を強化する考え。《MH》

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース