名探偵コナン「ゼロの執行人」爆発的ヒットを支える安室透とは何者なのか?

2018年5月13日 20:51

小

中

大

印刷

 名探偵コナンの映画最新作「ゼロの執行人」はロケットスタートを切ってからも、その勢いは衰えることなく、上映開始からおよそ1カ月にして興行収入62億円を突破している。

【こちらも】名探偵コナンの最新映画「ゼロの執行人」が大ヒット その見どころは

 前作「から紅の恋歌」の興行収入が68.9億円という結果であったため、この調子なら前作を超えることはほぼ確実とされ、70億円を突破する可能性も高い。

 この破竹の勢いの根源はやはり今作のメインキャラクターである「安室透」の人気によるものである可能性が高い。ツイッターでは「#安室透を100億円の男にしようの会」というスレッドが立てられ、安室ファンが「ゼロの執行人」の興行収入100億円突破を目指すため、周回で劇場まで足を運ぶという活動が行われている。100億円にしても、もう折り返しは過ぎているので決して夢物語ではないというのが驚きだ。

 本記事では、そんな安室透というキャラクターについて掘り下げて解説していく。

■安室透について

 安室透は667〜668話で掲載された「ウエディング・イブ編」(コミック75巻)で初登場を果たし、それ以降は毛利小五郎に弟子入りして、探偵事務所の下の階にある喫茶店「ポアロ」の従業員として働いている。

 その端正なルックスと、笑顔の似合う好青年ぶりで人気に火がつき、瞬く間に人気キャラクターの仲間入りとなった。作中でも「ポアロ」の女性客から大人気のようで、もはやアイドルのような立ち位置だ。

■安室透の魅力

 もちろん、安室の魅力は外見だけではない。彼は、実はコナンの宿敵である「黒の組織」のメンバーで、バーボンというコードネームで暗躍している。

 さらに、後に彼の本名は降谷零で、黒の組織に潜入している公安警察のスパイであることも発覚。要するに安室透は作中で3つの顔を持つ、非常に複雑なキャラクターでもあるのだ。

 そして、安室はそんな背景を持つせいか非常に芸達者なキャラでもある。まず、コナンにも引けを取らないほどの推理力を持ち、格闘技にも長け、爆弾の解体までこなせる。

 さらに、「ゼロの執行人」でも披露されるている、超絶技巧のドライビングテクニックを持ち、おまけに料理上手と主人公のお株を奪うほどの万能選手である。そんな、今時珍しいくらいの完璧さが人気の秘密なのかもしれない。(野崎 隆央)

関連キーワード名探偵コナン

「アニメ・マンガ・特撮」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース