国際 RSS

 

中国政府、半導体分野に5兆円以上の資金投入へ

2018年5月10日 18:15

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 中国の政府系投資ファンドである China Integrated Circuit Investment Fundが、半導体産業の振興に約3000億元(約5兆円)を投資するという。中国内でのマイクロプロセッサやGPUなどの設計および製造技術を向上させるのが目的だという(Wall Street JournalCNBC朝鮮日報Slashdot)。

 中国では、「Made in China 2025」というイニシアチブがあり、2025年までに半導体の自給率を高めることを目指しているという。また、人工知能技術のための半導体の開発なども目指していくという。

 スラドのコメントを読む | ビジネス | 中国 | お金

 関連ストーリー:
欧州、AI研究の米中対抗策として「AI研究ハブ」構築を目指す 2018年04月27日
AI関連の政府投資、米国や中国に大きく引き離される 2018年03月01日
世界最速のスーパーコンピュータ「神威太湖之光」が採用する中国独自CPU「SW26010」の概要が明かされる 2017年04月24日
Windows 7風のUIを持つLinux OS「中標麒麟V7.0」リリース、中国製CPU「龍芯3号」で動作 2017年03月29日
中国・兆芯が新たなx86互換CPUを開発、IntelやAMDのCPUに匹敵する性能? 2017年03月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国人工知能(AI)半導体

「国際経済」の写真ニュース

国際の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース