マクドナルド、3種のバーガーで「レギュラー争奪オーディション」

2018年5月9日 11:56

小

中

大

印刷

オーディションに臨む3種類のハンバーガー。(画像:日本マクドナルド発表資料より)

オーディションに臨む3種類のハンバーガー。(画像:日本マクドナルド発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 マクドナルドは、5月9日から「食べて投票!あなたが選ぶレギュラー争奪オーディション」を開始する。候補に挙がった3種のハンバーガーに対し、実際の店舗での売り上げ、ツイッターでの応援RTなど複数の方法によって投票ポイントを集計し、第1位に輝いた商品をレギュラー化するというものだ。

【こちらも】マクドナルド、本格ソフトクリーム「ワッフルコーン」発売 150円~

 今後も同種の試みは行われるかもしれないようで、「初の開催では」ということなのだが、今回のオーディションのエントリー条件は2つあった。「これまで一度もレギュラーメニューになったことがない」、「過去2年以内に全国販売されていない」というものだ。

 その条件のもとオーディションに臨むことになったのが、「たまごダブルマック」「てりやきチキンフィレオ」「マックリブ」の三つであったわけである。

 たまごダブルマックは1998年初登場という古参で、何度も期間限定メニューに登場しているが、上述の如くこれまでレギュラー化されたことはない。名前の通り、2枚のパティとぷるぷるたまごが特徴である。

 てきやきチキンフィレオは2005年の登場で、これも複数回期間限定メニューとして登場している。サクサクした衣の胸肉を甘辛しょうゆのソースにからめたパティのハンバーガーである。

 マックリブは2001年に初登場で、今回が7年ぶり8回目の登場。バンズから専用の細長いものを使う、ちょっと毛色の変わった一品である。

 さて、投票方法についてである。まず「食べて投票」というのがある。実際に上記の商品を購入すると、パッケージにQRコードが記載されているので、そこから投票を行うと100ポイントが加算される。「ツイートで投票」は、ツイッター上から投票すると10ポイントが加算される。

 さらにその他に、ツイッターで行われる「パティ審査」「ボリューム審査」「ソース審査」の結果によるボーナスポイントと、期間中の各バーガーの売上ポイント、特別審査員の特別ポイントが集計の対象となる。

 見事レギュラーメニューの座に輝くのはどのハンバーガーになるであろうか。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワードマクドナルドハンバーガー

関連記事

広告

財経アクセスランキング