SAO外伝「ガンゲイル・オンライン」シリーズが100万部突破

2018年4月30日 08:58

小

中

大

印刷

『ガンゲイル・オンライン』1巻表紙 (c) KADOKAWA

『ガンゲイル・オンライン』1巻表紙 (c) KADOKAWA[写真拡大]

写真の拡大

 2018年春アニメとして現在放送中の「オルタナティブ・ガンゲイル・オンライン」の原作シリーズが、アニメ放送の影響もあってか100万部突破したことが明らかとなった。アニメ第3期の製作が決まり、再び注目が集まる「ソード・アート・オンライン」シリーズに対するファンの熱に拍車をかけるニュースと言える。

【こちらも】アニメファンが選ぶ「もっとも期待している2018年春アニメ作品」TOP20!

■異色のスピンオフ作品

 「オルタナティブ・ガンゲイル・オンライン」はソードアートオンラインのスピンオフ作品ではあるのだが、原作を描くのは川原礫氏ではなく「キノの旅」の原作者としてお馴染みの時雨沢恵一氏である。ソードアートオンラインのファントム・バレット編で描かれたガンゲイル・オンライン(GGO)の世界観に魅了された時雨沢氏が、川原氏の承認をえて執筆した、いわゆる2次創作作品である。

 インディーズやアマチュアの世界ではよくある2次創作作品だが、両者ともに電撃文庫の代表的な作品を手がける人気作家なため、その異色のコラボレーションは大きな話題となった。ただその世界観を引き継いだだけでなく、時雨沢氏がガンマニアであるためか「オルタナティブ・ガンゲイル・オンライン」では、銃や重火器類に関して本家よりマニアックに掘り下げられており、そこが魅力の一つとなっている。

■アニメシリーズも好調

 そして現在放送中のアニメ「オルタナティブ・ガンゲイル・オンライン」もdアニメのランキング「今期何見る?」で1位を獲得し、非常に好調なスタートを切った。

 第1話では荒廃した近未来のようなGGOの世界で、服装から銃までピンクに統一された装いの主人公“レン”が、フィールドを駆けずり相棒の自動小銃を容赦無く打ち込むスピード・迫力ともに申し分ない戦闘シーンを披露した。

 スピンオフといっても、あくまでもGGOというVRゲームの世界観を引き継いだだけのものであり、本家ソードアートオンラインシリーズの主要キャラクターは登場しない模様である。つまりは、本家を知らなくても楽しめる作品でもあるということだ。(野崎 隆央)

関連キーワードソードアート・オンラインキノの旅

「アニメ・マンガ・特撮」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース