東京メトロなど、駅構内に個人向け時間貸しワークブース設置の実証実験

2018年4月24日 14:50

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 東京メトロと富士ゼロックスが共同で駅構内に電源や無線LAN、ディスプレイを備えた作業用の個室(ワークブース)を設置する実証実験を開始する(ITmedia富士ゼロックスの発表)。

 まずは南北線溜池山王駅および千代田線北千住駅に設置を行い、6月1日より実証実験を行うとのこと。利用可能時間(予定)は7:00~22:00で、料金は未定。利用には事前登録および予約が必要となる。予約を行うと、指定した時間にスマートフォン経由でワークブースの扉を解錠できるようになる仕組みだそうだ。

 スラドのコメントを読む | ビジネス

 関連ストーリー:
リモートワーク用の職場監視ソフトはまるで「デジタル刑務所」 2017年11月10日
NTT東、テレワーク用に「分身ロボット」を導入 2017年07月28日
「テレワーク・デイ」始まる 2017年07月25日
リクルートが正社員以外も含む全社員にリモートワークを導入へ 2015年12月25日
お国がテレワーク環境提供、但し期間限定 2007年07月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード東京メトロ富士ゼロックス

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • モーガン・エアロ 1922年式 (c) sawahajime
 

広告

ピックアップ 注目ニュース