ASUS、360度回転2in1にSSD128GBモデル Office Home & Businessも追加

2018年4月22日 23:21

小

中

大

印刷

「TP401NA-128GS」(画像: ASUSの発表資料より)

「TP401NA-128GS」(画像: ASUSの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「TP401NA-128GS」

 ASUS(エイスース)は21日、128ギガバイトのSSDを搭載した「VivoBook Flip 14 TP401NA-128GS」を発売した。

【こちらも】ASUS、インテルの最新CPU「Core X」対応のマザーボード発売

 現行モデルの「TP401NA」に「Microsoft Office Home and Business 2016」を追加し、ストレージを128ギガバイトSSDに変更した新モデルとなる。回転式の液晶ディスプレイを採用しており、ノートパソコンとしてもタブレットとしても利用できる。価格は9万6,984円(税込)。

● SSD128ギガバイト搭載の2in1

 「TP401NA-128GS」は、記録用ディスクとしてSSD128ギガバイトを搭載した2in1パソコンだ。SSDは、従来のHDDドライブよりも高速でデータを読み込めるため仕事などの作業効率が上がる。

 近年、タブレットやスマートフォンの普及によって、タッチパネル式の液晶ディスプレイが増加している。パソコンにもその流れは来ており、「2in1」と呼ばれるハイブリットな機種が誕生している。「TP401NA-128GS」はノートパソコンのモードではキーボードから入力することができるが、ディスプレイを回転させてタブレットモードにするとタッチ入力をメインで入力することが可能だ。

●「TP401NA-128GS」のスペック

 光沢型で14インチのワイド液晶ディスプレイを採用し、解像度は1,366×768。外部ディスプレイの接続にも対応しており、最大で3,840×2,160の解像度で出力することができる。

 ウェブカメラは30万画素となっており、無線LANはIEEE802.11a/b/g/n/acに対応。CPUは、インテル社のCeleronプロセッサN3350を採用し、メモリは4ギガバイトとなっている。重さは約1.5キログラムで、サイズは幅が327.4ミリ、奥行きが226.5ミリ、高さが15.4ミリだ。

●ASUSとは?

 今回「TP401NA-128GS」を発表したASUSは、コンピューター関連メーカーとして、パソコンパーツであるマザーボードなどの製造が有名。近年ではリーズナブルなモバイルノートパソコンシリーズが人気となっている。

関連キーワードASUSSSD

広告

写真で見るニュース

  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
  • 木星衝突目前のシューメーカー・レヴィ第9彗星 (c) NASA
  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース