ASUS、360度回転2in1にSSD128GBモデル Office Home & Businessも追加

2018年4月22日 23:21

小

中

大

印刷

「TP401NA-128GS」(画像: ASUSの発表資料より)

「TP401NA-128GS」(画像: ASUSの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「TP401NA-128GS」

 ASUS(エイスース)は21日、128ギガバイトのSSDを搭載した「VivoBook Flip 14 TP401NA-128GS」を発売した。

【こちらも】ASUS、インテルの最新CPU「Core X」対応のマザーボード発売

 現行モデルの「TP401NA」に「Microsoft Office Home and Business 2016」を追加し、ストレージを128ギガバイトSSDに変更した新モデルとなる。回転式の液晶ディスプレイを採用しており、ノートパソコンとしてもタブレットとしても利用できる。価格は9万6,984円(税込)。

● SSD128ギガバイト搭載の2in1

 「TP401NA-128GS」は、記録用ディスクとしてSSD128ギガバイトを搭載した2in1パソコンだ。SSDは、従来のHDDドライブよりも高速でデータを読み込めるため仕事などの作業効率が上がる。

 近年、タブレットやスマートフォンの普及によって、タッチパネル式の液晶ディスプレイが増加している。パソコンにもその流れは来ており、「2in1」と呼ばれるハイブリットな機種が誕生している。「TP401NA-128GS」はノートパソコンのモードではキーボードから入力することができるが、ディスプレイを回転させてタブレットモードにするとタッチ入力をメインで入力することが可能だ。

●「TP401NA-128GS」のスペック

 光沢型で14インチのワイド液晶ディスプレイを採用し、解像度は1,366×768。外部ディスプレイの接続にも対応しており、最大で3,840×2,160の解像度で出力することができる。

 ウェブカメラは30万画素となっており、無線LANはIEEE802.11a/b/g/n/acに対応。CPUは、インテル社のCeleronプロセッサN3350を採用し、メモリは4ギガバイトとなっている。重さは約1.5キログラムで、サイズは幅が327.4ミリ、奥行きが226.5ミリ、高さが15.4ミリだ。

●ASUSとは?

 今回「TP401NA-128GS」を発表したASUSは、コンピューター関連メーカーとして、パソコンパーツであるマザーボードなどの製造が有名。近年ではリーズナブルなモバイルノートパソコンシリーズが人気となっている。

関連キーワードASUSSSD

広告

写真で見るニュース

  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース