なでしこジャパン、中国に3-1 アジア大会決勝進出 

2018年4月18日 06:09

小

中

大

印刷

 17日(現地時間)、ヨルダンで行われた女子サッカーアジア大会準決勝で日本は中国と対戦、3-1で勝利した。この結果、決勝戦は準決勝でタイにPK戦の末、勝利したオーストラリアと再び対戦することになった。

 試合開始直後から日本は中国のゴール前に攻め込むシーンが続く展開となる。前半39分、日本は隅田凜からの縦パスを受けた岩渕真奈がDFを振り切って放ったシュートがGKの手を弾きながらネットを揺らす先制ゴールとなる。

 後半の立ち上がり、いきなり日本はバックパスを拾われてシュートを打たれる。後半4分、中国はPA右からソンドゥアンが放った低い弾道のシュートがゴールポストに当たる。後半18分、中国はソンドゥアンに代えてワンシャンシャンを投入するとさらに攻撃が活性化する。後半20分、ドリブルで切り込んだ岩渕からのパスをPA内に走り込んだ長谷川唯がフリーで受け、狙いすましたシュートを放つもゴールを外す。

 後半22分、中島依美に代えて川澄奈穂美、後半26分、長谷川に代えて横山久美を投入し、追加点を奪いにかかるも中国の時間帯が続く。しかし後半40分、横山がPAに入り込んだところからのGKの頭上を越えるシュートが決まり貴重な追加点を奪う。

 後半42分、横山のゴール正面からの強烈なシュートがDFの手に当たりPKを得ると、これを横山がゴール隅に流し込んで3点目を奪う。後半44分、横山が自陣PA内でワンシャンシャンを倒しPK与えると、リーインに決められ3-1となるもこのまま試合は終了した。

関連キーワード中国サッカーアジア大会

「スポーツ」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース