原子力規制庁の職員、文書紛失を隠すため文書を偽造

2018年4月15日 15:10

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 原子力規制庁の20代職員が、文書の紛失を隠すために架空の文書を作って報告を行なっていたことが明らかになった(NHK日経新聞産経新聞)。

 問題となっているのは、昨年5月に福岡市・九州環境管理協会が提出した申請書に関する決済文書。職員は過去の書類を元に、押印済みの架空の許可書を作って上司に報告していたという。同協会からの問い合わせについては偽造した写しを見せるなどして隠していたという。

 スラドのコメントを読む | 日本 | 政府

 関連ストーリー:
スバル、昨年12月に疑惑が出ていた燃費検査不正を認める 2018年03月08日
厚労省の労働時間実態調査で不正データが見つかる、存在しないとされていた原本も見つかる 2018年02月23日
東芝で不正会計が新たに発覚、赤字工事を隠蔽 2017年12月28日
東芝、監査法人の承認無しで決算を発表。極めて異例で上場廃止の可能性も 2017年04月11日
新宿の新バスターミナル、平日は渋滞が悪化していたにも関わらずその事実を公表せず 2016年10月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「社会」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース