岩手県八幡平市、パスワード一覧を不正コピーの職員が不正アクセス繰り返す

2018年4月14日 18:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 岩手県八幡平市の職員が、1日限定で管理者権限を与えられた際に閲覧制限のある共有フォルダや「全職員の業務用パソコンのパスワード一覧」を自分のPC内に保存し、その後約1年間それらの情報を使って本来アクセスできない情報にアクセスしていたという(八幡平市の発表PDFSecurity NEXT岩手日報)。

 今年2月に不自然なアクセス履歴から問題が発覚。これを受けて一部の職員がパスワードの変更を強いられるなどで公務の運営に支障が生じたとして、この職員には給料の10分の1の額の減給1ヶ月という懲戒処分が行われた。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ

 関連ストーリー:
危険なパスワード一覧をまとめたリポジトリに対し「自分のパスワードを削除して」というプルリクエストが届く 2017年12月27日
Cloudflareのバグで別のユーザーのCookieやパスワードが送信される 2017年02月26日
ポルノ動画サイト「xHamster」からメールアドレス等のユーザー情報38万件が流出? 2016年12月01日
ぴあ、チケット購入者1万4080人分の情報が含まれたノートPCを紛失 2015年07月22日
アメブロでのID/パスワード流出事件、発端は「ID/パスワードリスト」のメールでの誤送信 2010年03月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード岩手県パスワード

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース