アウディ、新型「A6アヴァント」発表 48Vマイルドハイブリッド仕様

2018年4月13日 11:32

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

48V仕様のマイルドハイブリッドシステム搭載の「新型アウディA6アヴァント」欧州デビュー

48V仕様のマイルドハイブリッドシステム搭載の「新型アウディA6アヴァント」欧州デビュー[写真拡大]

写真の拡大

 独AUDI社が、新型A6のステーションワゴン・バージョンとなる「アウディA6 Avant(アヴァント)」を発表した。

【こちらも】アウディ初の電気自動車「e-tron」のプロトタイプ公開

 アウディ曰く、「“Avant”という名詞は、アウディブランドが提供する魅力的なステーションワゴンの象徴。新型アウディA6 アヴァントにも、その特徴が受け継がれている。シャープなライン、伸びやかなサーフェス、縦方向に絞ったリヤウィンドーを備えたエクステリアデザインは、アウディの新しいデザイン言語を反映しており、長いボンネットと緩やかに流れるルーフラインにより、エレガントかつスポーティで洗練されたデザインを表現している」と高らかに宣言した。

 新型A6アヴァントのボディサイズは、全長×全幅×全高4940×1890×1470mm。そのスポーティなボディラインにもかかわらず、先代モデルと同様に前席&後席の室内幅だけでなく、後席のニースペースもトップクラスの広さを確保している。

 また、先代モデルと同様、広大なラゲッジコンパートメントを備え、ラゲッジルーム積載幅は1050mm、容量はリヤシートを使用する標準時で565リッター、リヤシートバックをフォールダウンすると、その容量は1680リッターに拡大する。

 新型A6アヴァントには、広範囲なドライバーアシスタンスが装備される。標準装備となるドライバーアシスタンスシステムには、エマージェンシーブレーキアシストのアウディ・プレセンスフロントに加え、工事現場などの幅員の狭められた区間での走行をサポートする“ナローロードアシスト”(narrowed road assist)付きアダプティブクルーズアシストも含まれます。アダプティブクルーズアシストはストップ&ゴー(アイドリングストップ)をカバーし、静止状態から最高250km/hの範囲で使用可能。前後車間とレーンキープを行なう。

 エマージェンシーアシストは、必要な状況でドライバーがブレーキをかけなかった場合に、視覚的・音響的または触覚的な警告を発することによってドライバーに警告する。その警告に対してドライバーが反応しない場合にはシステムが運転を引き継ぎ、ハザードランプを点滅させて、走行車線内に停車させるフォローシステムだ。

 新型のドライブシステムとサスペンションは、快適性とスポーツ性を念頭に設計された。ダイナミックオールホイールステアリング(4輪操舵)が俊敏性を向上させる一方で、標準装備された48V仕様のマイルドハイブリッドシステムが効率を高める。直感的な操作が可能なフルデジタルMMIタッチレスポンス操作システムは、ドライバーと乗員に高いレベルの利便性を提供する。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
世界最大自動車市場、中国を睨んだ電動車開発競争をめぐる、VW篇
独AUDI社がe-fuel開発の一環、e-dieselと並ぶ「e-gasoline」開発成功
アウディQ2のデビュー1周年を記念して発売となる400台の限定車
アウディ、アッパーミドルセダン「A6」が新型にスイッチして欧州デビュー
メルセデス、4世代目となる新型Aクラス(W177)、アムステルダムで公開

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード電気自動車Audi

「自動車・バイク新製品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース