マツダ、北京モーターショーで「CX-8」公開 SUV人気が高い中国に向け

2018年4月11日 15:41

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

「北京モーターショー2018」で中国初公開・参考出品する3列シートクロスオーバーSUV「マツダCX-8」

「北京モーターショー2018」で中国初公開・参考出品する3列シートクロスオーバーSUV「マツダCX-8」[写真拡大]

写真の拡大

 マツダは、「北京モーターショー2018」の出展概要を明らかにした。同ショーは、4月25日~26日がプレスデー、27日~28日が関係者特別者招待日。そして、4月29日から5月4日に一般公開される。

【こちらも】マツダ・CX-8爆発的人気 納車3カ月待ち マツダの世界戦略は?

 マツダは、同社ブースで新型3列シートクロスオーバーSUV「マツダCX-8」を参考出品。加えて、「ロードスター RF」「CX-5」「アテンザ」といった新世代商品群計10台を出品する。

 新型「CX-8」は、マツダの日本国内SUVラインナップにおける最上位モデルであり、多人数乗用車でありながら、走りもスタイルも妥協したくないという顧客に向けた同社の新ジャンルで、「3列シートクロスオーバーSUV」という新たな選択肢を提供した製品だ。

 昨年12月の日本国内発売以降、累計受注台数は2万台を超え、30~40歳代を中心に幅広いユーザーに支持されているモデルだ。今回、世界最大の自動車市場であり、大型SUV人気が高い中国のモーターショーに参考出品し、中国の自動車購入希望者に広くアピールする。

 マツダは、「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」に基づき、クルマ本来の魅力である「走る歓び」によって、美しい「地球」と心豊かな「人」・「社会」を実現し、人の心を元気にすることを追求している。

 そして、「走る歓び」に溢れたカーライフを通じて、ユーザーの人生をより豊かにするブランドを目指すとしている。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
マツダ「CX-3」、2度目のマイナーチェンジを実施、機能性大幅向上
トヨタとマツダ、折半出資で約16億米ドルを投資し、米国に新工場建設
世界最大の自動車市場、中国を睨んだ電動車開発競争をめぐる各社の動き
「Mazda VISION COUPE」、コンセプトカー・オブ・ザ・イヤー受賞
ジュネーブショーで謎のキャンペーンを繰り出す日本勢、ドイツ勢は積極的にアピール

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードマツダアテンザSUV中国クロスオーバーCX-5CX-8

広告

広告

写真で見るニュース

  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
  • 「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)
  • 2012年8月31日に起こったコロナ質量放出の様子。(c) NASA's Goddard Space Flight Center
  • アルト 40周年記念特別仕様車 Lリミテッド。(画像:スズキ発表資料より)
  • PCエンジンミニ、本体イメージ。(c)Konami Digital Entertainment
  • 「ドラゴンクエストウォーク」の画面イメージ。(画像: スクウェア・エニックスの発表資料より)
  • 「レモンのタルト12cm」(写真:大丸松坂屋百貨店の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース