FPSゲーム「PUBG」開発元、「荒野行動」などを著作権侵害で提訴

2018年4月10日 17:04

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 人気FPSゲーム「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)」を開発する米PUBG社が、PUBGに類似しているとされる他社ゲームタイトル2作品に対し、配信・開発停止を求めて提訴した(ITmediaAUTOMATONINSIDETorrentFreak)。

 問題とされたゲームは、中国・NetEaseが手がけるスマートフォン向けゲーム「Rules of Survival」および「Knives Out」(荒野行動)。PUBGはNetEaseがこれらゲームによって著作権侵害および不公平な競争、商標侵害を行っていると主張している。

 PUBGは「100人のプレイヤーが1つのマップ内で最後の1人になるまで戦う」という、「バトルロイヤル」というジャンルの先駆けとなったゲームで、多くのフォロワーを生んだ。特にKnives Out(荒野行動)についてはゲーム内容だけで無くグラフィックなどもPUBGに似ていることから、一部から批判も受けていた。

 PUBGは現在PC(Windows)およびXbox One向けにリリースされているが、今年2月に中国向けにスマートフォン版もリリースされ、直接の競合となったことが訴訟の背景にあるともされる。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 法廷 | 著作権 | ゲーム

 関連ストーリー:
任天堂、特許権を侵害しているとしてコロプラを提訴。「白猫プロジェクト」の提供差し止めも請求 2018年01月10日
カプコンが特許侵害としてコーエーを訴えていた裁判、裁判所は一部侵害を認める 2017年12月15日
中国、バトルロイヤル系ゲームを規制へ 2017年11月01日
「ゲームジャンル」は特許で保護されない 2017年10月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権著作権侵害中国