スリープログループ 全国初の試みとなるシェアオフィスでの社食サービスを導入

2018年3月2日 11:50

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:50JST スリープログループ---全国初の試みとなるシェアオフィスでの社食サービスを導入
スリープログループ<2375>は1日、子会社のアセットデザインが運営するエリア最大級のシェアオフィス「THE BASE 麹町」にて、JFDが提供する社食サービス「みんなの食堂」を導入したと発表。

共有のイートインスぺースに、平日12:00-13:30の間だけ食堂が登場し、管理栄養士と相談して開発したメニューを温かい状態で一食400円(税込み)で購入することができる。

企業側ではなく、オフィス側での社食サービスは全国初の試みである。会員企業の福利厚生として、会社負担での利用も可能とのこと。《MW》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース