ブロックチェーン技術でコンピュータウィルスを駆除

2018年2月22日 08:03

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*08:03JST ブロックチェーン技術でコンピュータウィルスを駆除
サイバーセキュリティ企業のPolySwarmは、マルウェア対策エンジンを構築する分散型マーケットプレイスを開発した。開発資金はBlockTowerCapitalから投資を受け、リバースエンジニアリングプラットフォーム「BinaryNinja」のメーカーであるVector35LLCとも提携した。さらに、PolySwarmは2018年2月20日から仮想通貨のNCTトークンのボーナスセールを始める。

ネット社会で脅威となっているマルウェア対策が急がれているが、そのために、PolySwarmの最高経営責任者であるSteveBassi氏が目をつけたのは、仮想通貨のマイニング技術・作業である。これを利用してマルウェアの発見・対策ができると考えて開発したのが、「マイクロエンジン」だ。そして、マルウェアの発見・対策の成果に対して報酬を与える分散型のマーケットプレイスとして開発したのが「ポリスワーム」である。
写真出典はこちら


SteveBassi氏は、米軍の先端研究部門であるDARPAと米国国土安全保障省のための、ブロックチェーン技術をベースにしたアイデンティティ管理とセキュリティのプロジェクトを完了した、セキュリティ研究開発会社NarfIndustriesLLCの創立者でもある。現在、PolySwarmには元McAfeeの最高経営責任者であったMarkTonnesen氏を始め、多くのサイバーセキュリティの専門家が諮問委員会に名を連ねている。
写真出典はこちら

PolySwarmは、2月20日からNCTトークンの20%のボーナス付きのトークンセールを実施する。NCTトークンはERC20と互換性を持ち、イーサリアムで購入できる。


【ニュース提供・エムトレ】《HT》

「注目トピックス」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース